« CM・・・そして・・・「縛」(違うっ!) | トップページ | やっぱり黒キャラにマントはかかせない »

2006年12月 1日 (金)

『バトルフォースエグゼ』プレイレポ③であります。

オープンコンバット~~!!

いやいや~週末にボーっとプレイしてたら・・・
1周めクリアしてました。あははは(爆)

・・・・なんだそれっ。
クライマックスに近づいてる雰囲気も感じ取れないなんて・・・・
なんつーゲームだ!!

・・・て、ゲームのせいにしたい気持ちいっぱいいっぱいだけど・・・
私のせいなんだな、きっと(笑)

んなわけで、レポとは決して言えませんが・・・・・・・レポです(笑)←おい!
だって他の言葉見つからないんだも~ん。ばかばかおばか

あ、ネタバレちょろっとありますー。


前回のレポを見てみたら、7章まで書いてたんですね。
ということは・・・・結局10章くらいまでだった・・・・の・・・・・かな・・・・・・え・・・?

取り合えず後半は「CERO D」モード全開です(笑)
PS2だから、具体的な描写はないんですけど・・・・・・・・なんつーの?だからこそ余計に妄想が膨らむっつーの?(笑)
リアルで17歳のいたいけな男子がプレイしたら・・・・ぐふふな感じです。

でねぇ・・
私、なーにを間違えたのか・・・
知らない間に一人の女子と仲良くなっていたですよっ。
結局EDもその子のバージョンになったみたいで・・(バルドは何種類かEDがあるみたいなんですね)

もー!なんてこったい!!

石田さんが、あんな事やこんな事しちゃってるよっ!
まさに・・・ペルソナ3に続いて、
「お母さんは、そんな子に育てたつもりはありません」
状態(笑)

でも復讐を終わらせるまでは・・・と、プラトニックな関係を続けようとしていたわけです。
そしたら・・・女子が積極的なんだ、これっ!
さっすが、男子向けのゲーム(笑)

どうもその子は、透(石田さんキャラ)の復讐相手について何かを知ってるみたいなんですよね。
で、突然態度が変わりだして・・・。

自分の事を好きか?って執拗に聞くんです。
それに対する透のセリフが・・・

「分かってるだろ・・・・。好きだよ、愛してる・・」

だってばよっ。
もちろん石田さんヴォイスですってばよ。(笑)

もうこっからお色気モードが全開。
あーもうっ!
何だか相手の女が泣き出したりしてたけど・・・んなもん、どーでもいいわっっ!!

「だからどうして・・!?どうしてそれで泣くんだよ!?」

えぇ、全くその通りですよ。
こーいう時にすぐ泣くのはNGです。(←私は男か・・)
・・・て、そうじゃなくって・・・
泣きながらその女子は・・・・とんでもない事いいやがった・・・。

「じゃぁ・・・・私を愛して・・・・」

ときたもんだ。
えっと、女子のセリフは殆ど覚えてないのでこんな感じ(笑)
全く・・こんな遠まわしに言って・・・・もっとはっきり言わんかいっ!(←それじゃぁPS規格外)

「愛してって・・・・・・・いいのか?本当に・・・・」

だーめーでーすー!!
あぁぁぁぁ・・・自分で操作してるもんだから・・・・なんとも言えない複雑な感じ・・。

んでもってさらに・・・頷く女子に・・・

「わかった・・・・でも、一体どこで・・・・?」

いや、具体的すぎ(笑)
しかも帰ってきた答えが・・・
「ここで」ときたもんだっ!!

ここは、作戦室ですよー!!若者たちよー!!!

もうお母さん見てられません・・(涙)
とかいいつつコントローラをポチポチ・・・。

で、ここでついに限界。
実は、このイベントの途中から旦那が突然帰ってきたんですよ。
でもいきなり止めるっつーのも変だし?(笑)
そしらぬ顔で続けてたんですが・・・・・・・・・
画面いっぱいに眼をつぶった女子の顔が出たところで・・・・・

ギブアーーーップ!!(爆)

知ってか知らずか、旦那に
「今度は何のゲーム?」
って聞かれたので、半ばやけくそ気味に
「アクション入りのギャルゲー。17歳以上男子向けのゲーム」
って答えたら・・・

「エロイの?」

あぁぁぁぁ・・・お前もすぐにエロイって言うのか・・・。
夫婦って似るもんだね(涙)
・・・ていうか単刀直入に聞きすぎです、相変わらず(笑)
でもって私も
「いや、プレステだから、そこまでエロくはないよ」

・・て、何を真面目に答えてるんだ・・(涙)

旦那を追い払ってから、再開っ。
作戦室でおっぱじめたみたいですよ・・。
もちろんCGとかは変な声とかは入ってないんですがね・・・

「ごめん・・・・どこか痛くしたかな・・・・」

って石田さんが言ってるよ・・・およよ・・・。
余計エロいわ(涙)

んで、そんなこんながありまして、いよいよ最後の決戦からEDに向かったわけですが・・・わけですがぁっ・・・

こっから先は、あまりの石田さんの熱演に開いた口が塞がらず、メモも取れず。

体の中で神経が通ってるのは、コントローラーを押す指先だけくらい(笑)
いや、まぢで。

雑魚たち→中ボス?→大ボス→女子

っていう戦闘の流れでしたが・・・はっきり覚えているセリフは

「当たり前だ・・・惚れた女を見殺しにでも出来ると思ってるのかよ!!!」

こんなんだし(涙)
結局私が見たEDでは、途中からバレバレでしたが、相手の女の子が友人を殺した敵だったみたいなんですよね、今のところ・・・。

でも・・

死んじゃったし(爆)

さ~てと、次!次!!(←やな女だな・・)

そうそう!
でもって、一応EDまで見たので最後のCASTクレジットっっ。

活字萌えのみなさ~~ん、出番ですよーーーー!!!!

そんな人がいるのかどうか分かりませんが、とりあえず私は活字でも萌えます(爆)
CASTの方たちの名前が順に出てくるんですが、皆二人づつなんですよ。
でもって・・・・最後に・・・・
石田さんの名前が一人でっっ!!!
最初もいいけど、こういう出され方すると・・・最後っていいっすねぇ~(笑)

なんて思っていたら・・・

良く分からんが、もう一度始まった(爆)
なんだ、これ・・・。こんなん初めてだけど、また別Verでのキャストクレジットが始まっただよっ。

名前が・・・・名前が・・・光ってるよー!!(><)

私、ゲームのEDロールはかなり好きです。
やっぱり、クリアしたって達成感があるからなのかな・・・。
何でか分からんが一人で大興奮(笑)

これだけでも見る価値あり!!!

・・・・あ、見てる時点でクリアしてるのか(汗)

え~っと、そんなわけでまだ「連合VS Z.A.F.TⅡ」には時間がちょっとあるので、もそっとプレイしてみようかな~とは思っていますが、
取り合えず1周終わっての評価は・・・

石田さんだけなら、文句なく★5つですねっ!!
だって・・・

喋りっぱなしですもん(爆)

間違いなく私が今まででプレイしたゲームでは一番喋ってるかもしれまへん。
ちょっとゲーム性がねぇ・・・・あの画面の見づらさは、とてもPS2とは思えないんだけど(笑)

取り合えず男になってプレイして乗り切るべしっ!!
何だそれ・・。

|

« CM・・・そして・・・「縛」(違うっ!) | トップページ | やっぱり黒キャラにマントはかかせない »

「『バルドフォースエグゼ』プレイレポ」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

すいません…

読んでるだけで前かがみ(爆)
どうしよ~や~ん~
もう一刻も早くEDまで辿り付きたい気分なのにー!あのバトルで勝ち残って行く自信が無い……


「わかった・・・・でも、一体どこで・・・・?」
「ごめん・・・・どこか痛くしたかな・・・・」

この二言は猛烈に聴きたいので
頑張るべ!!そして今まで全部録画中。
(バカだ…どんだけの量やねん…でもそうしてもいいぐらい喋るんだもんー(泣)

それにしてもだーりんの反応…
素直でええやん(爆)

投稿: 蒼 | 2006年12月 3日 (日) 00時42分

>蒼たまv
オープンコンバットバット♪♪

もう蒼たまが前かがみ・・・どころかPCにかじりつきそうになってる様子が目に見えるようですわん(笑)

本当、バトルさえ無ければもっとサクサクとクリアできるんですけどねぇ・・。
結局ノーマルのまま強行してプレイしたんですけど、2回くらい死亡しましたよっ石田さんっ(涙)
でもねでもね、何故か死んでからリトライすると敵が微妙に弱くなってる気がするんですよね~?
やっぱりエロを楽しめってゲームなんだろうか・・・(また言っちゃったよ・・)

んでもって、攻めては逃げ、攻めては逃げって、じわりじわ~りと攻めてたんですけど(いいのか、この描写・・)これまた一緒に闘う女子がねー!!
勝手に突撃すんですよっ。んでもってそいつが死ぬとゲームオーバーになる・・・。

どこまでいっても、足手まとい(爆)(言いたい放題)

なぬっ!!全部録画してるとはっっ!!!!
さ、さすがっ!!!
まだまだ私はダメダメだー!!
どうもPS2はつねにつけっぱなし状態なもんでプレイ時間だけは、エライ事になっとります(笑)
P3とか・・・100時間こえてた(爆)

・・・・でも・・・・

蒼たまの食いついたこのシーンだけは・・・

何故かしっかり録画してるんだな(爆)

蒼たまも頑張って!!!
でも、それぞれの女子のEDがあるんですよね??
なんか・・・他のも・・・気になる(笑)

やっぱり頑張ろう・・・。

あ、ちなみにこの女子は、あの愛想ナッシングちゃんです(笑)

投稿: 麗 | 2006年12月 3日 (日) 02時02分

きのうあーさんが、名前がロールしたかもー。
でバレに決戦された!
いやきょうは顔へ操作したの?

投稿: BlogPetのあーさん | 2006年12月 3日 (日) 17時28分

Following my own investigation, thousands of people all over the world receive the home loans from various creditors. Therefore, there is a good chance to receive a small business loan in any country.

投稿: ChelseaMckay34 | 2012年3月15日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CM・・・そして・・・「縛」(違うっ!) | トップページ | やっぱり黒キャラにマントはかかせない »