« チェリベロール第2弾♪ | トップページ | 「薄桜鬼-随想録」その②♪ »

2009年10月 6日 (火)

「薄桜鬼 随想録」その①♪

日曜はまた「バトスピ」のお色気声にライフを削られたあげく、
その後の「クロスゲーム」で完全にライフが無くなりました。

日曜の朝って怖い!!!!!(笑)←



そして・・・先週また新たなゲームを引き取ってきて、
「やべぇ!このままだと、本気でゲームに潰されるっっ(lll゚Д゚)」
と命の危機を感じまして(笑)
ここ数日は完全にゲーマー復活となっていました!

まずはこちらをやっとこ終了~!!!!

薄桜鬼 随想録(限定版:「ドラマCD」、「週めくりカレンダー」同梱) Video Games 薄桜鬼 随想録(限定版:「ドラマCD」、「週めくりカレンダー」同梱)

販売元:アイディアファクトリー
発売日:2009/08/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あああああ・・・・やっぱり・・・

薄桜鬼さいこおおおおおおお!!!!!!!(*´∇`*)

・・久しぶりにたぎってみました(笑)

でも本当に本当に「薄桜鬼」ってば素晴らしい!!!
本編をプレイしたのが私は少し遅かったので、1年ぶりとまではいかなかったのですが、
やっぱり少し懐かしくて・・♪
プレイし始めるのに少々時間かかりましたが、やりだしたら本当にあっという間でした!
・・まぁ、ボリュームもそんなに無かったってのが大きいですが(笑)

何が素晴らしいって・・・攻略キャラ全員が魅力満載なのが本当に凄いわ!
中だるみが全く無いですもんねっ(笑)
新選組が題材というのも大きいのですが、それにしても全員こんなに楽しんで出来る乙女ゲーなんて、
決して多くない私の経験値から考えると初めてかも知れないです。
しかも、とりわけ私の追っかけている声優さんが絡んでいるわけではないのに!←これ何気に重要だと思う(笑)


オマケ要素がまた・・・・!!!!
本当は取り合えず攻略キャラだけクリアして、後は追々・・・なんて思っていたのですが、
オマケの「SSL」がどうしても気になって気になって、結局全部フルコンプしてしまいました!
だってさ・・・学園パロって・・!!!(泣笑)
何だこの・・

萌えと夢と希望と欲望が見事につまったものは!!!!!

ファンディスクと言うことで、アンケートや感想から出来るだけファンの方の要望に答える形で作った結果のおまけ、という事ですが・・
薄桜鬼ファンの方、ブラボー( ̄▽ ̄)b

そして・・・

薄桜鬼のスタッフさんさいこおおおおお!!!!!

・・いけない。久しぶりすぎて、いきなりたぎりすぎました(笑)


この素敵なオマケのお陰で、肝心の本編やらがかなり吹っ飛んだのですが(え)
せっかくフルコンプしたので、感想を書きたいと思います~!(またか)


前回の時と同様、完全に自己満足なテイストなので、スルー推奨です(笑)
あ、でも・・ファンディスクなので、さすがに今回は短め・・です!?(笑)


まずはこちらのお二人から!


Toudo_tai200x40



Saito_tai200x40



平助君&斉藤さんです~


ネタバレありますので、ご覧になってくださる方はご注意くださいませねw



*拍手ありがとうございますー♪
全国的にぱっとしない天気が続いて、気分も落ち気味ですが、
取りあえず風邪などはひかないよう気をつけましょう~w

【藤堂平助(CVよっちん)】

Toudo_sd160x160_2












ごめん、平助君。
特に意図はないんだけど、今回もやっぱり最初にプレイしてしまった。
・・・・特に意図はないんだけど(笑)(なぜ2回言う)
というか平助君は一番安心してプレイ出来ると思ったんですよね!
他の人たちは初っ端からだと色々と衝撃がありそうで(笑)

そしてそんな私の思惑通り(笑)平助君のイベントはどれも心温まるようなものばかりで、癒されました~(*´∇`*)
新八っつあん&左之さんとのお決まりトリオとか、風間さんとの喧嘩友だちっぷりとか(笑)
2人だけのエピソードじゃなくて「仲間」との楽しい思い出が多いのも平助君ルートの特徴ですよねw

そんな中で印象的だったのは、前情報で既に有名だった(笑)「島原潜入」の所でしたかなー。
これって、個別ルートではなく共通の「事件想起」の2つめなので、
時期的にはかなり前半の方だと思うのですが、平助君ってばこの時点で既に千鶴への好意がじゃじゃ漏れでっ(笑)
もちろん他の人達も千鶴の初めての芸者姿を見て、それなりの反応はあるんですが・・

そんな比じゃない!!!(笑)

「千鶴の綺麗な女性姿を他の人達に見られたくなくて拗ねる」とかって・・・

もう完全に好きですよね!?これねっ!???(笑)

元々序盤から本編でも平助君は千鶴に対等で好意的な態度を取ってくれてはいましたが、
こんな頃からはっきりした好意があったなんて、千鶴じゃなくても気づかなかったよ!(笑)

後はエンディングですよねーww
やっぱり・・やっぱり「かんざし」なのか!(笑)
本編の時と全く同じ印象ですが、平助君のエンディングは本当に心温まるというか、癒されて好きです~
またよっちんの声のトーンがね!
それまでと全く変わって、凄いソフトな感じで癒しボイスなんですよね・・・!
千鶴だけじゃなくて平助君も、本編を通して一緒に凄い成長したんだな~、
やっぱり最後まで等身大な二人なんだな~と思えました♪
今回はどのエンディングでも千鶴の絵が一緒に入っているのですが、これがまた凄い可愛くて可愛くてw
この2人の場合は、萌えとか胸きゅんだとか(笑)そういうのではなくて・・
本当にニコニコ見ていられる感じなんですよね!

言うなればそう・・・

自分の娘を嫁に出すなら、間違いなく平助君をお勧めしたい

こんな感じ!(どんなだ)

どうだろうか・・なかなか自分にしては的確な表現だったと思うのだが(笑)←聞いてない



続きまして~

【斉藤一(CV鳥さん)】

Saito_sd160x160












斉藤さんよ・・・
まずは一言言っておきたい。

君は・・

ず る い!!!!!(爆)

な、なんだよ・・・・
この萌えっ子度400%超えのエピソードのオンパレードは!!!

斉藤さんは本編の時にも萌えっ子キャラには認定したものの(なんだそれ(笑))
基本的には痛々しいエピソードが私には印象深かったんですよね。
でもその後のドラマCDやら、例のエイプイルフール騒動やらで(笑)
だいぶ「いじりがいのあるキャラ」というのが私にもツボに刺さってきて、
後からジワジワと私の中でも好き度が上がってきていたんですが、
今回先にプレイしていた姉ゴンから「斉藤かわいいーーーー!」なんてジタバタしたメールも来て(笑)
「あぁ~、なるほどな~、はいはい、何か読めました(笑)」とは思いつつプレイをしました。
が・・・ね・・・・・その予想の斜め上を行かれた感じですよ!


・島原潜入編では、千鶴の芸者姿が凄く似合っている事を本人に伝える為に数日かかった挙句
(しかも不逞浪士をほぼ無意識にボコボコ(笑))
後日やっとの思いで口にすると、これまた同じくらい天然の千鶴に
「土方の髭姿が似合ってる」と言ったように勘違いされてきょどる(笑)

とか・・

・祝言の為の三三九度のお酒を何とか千鶴に飲ませようとするんだけど、
なかなか上手く言いだせなくて、結局千鶴に先に悟られる

とかとか・・・(笑)
後は忘れちゃいけないあれも!

・下の名前でよんで欲しいと伝える為に、素面では言えないからとお酒をじゃじゃ飲みした挙句に
結局酔えなくて、ものすごい周りくどく伝えていると、結局またしても千鶴に悟られる(爆)
しかも名前で呼ばれた瞬間に肩がビクって!
ビクって・・・・・・どんな乙メン!!!!!!(爆)

そうか・・・今、自分で書いていて気づきましたが、彼こそが「乙メン」なのかぁぁぁ!!!!!(笑)
しかしこの「天然萌えっ子詰め合わせ」はけしからんですよ、まったく!
皆斉藤さん好きになっちゃうでしょーに!!!!(笑)

また斉藤さんの後に沖田君をプレイしたものだから、
「結婚しよう」っていう沖田君のストレートな表現を聞いて、爪の垢でも煎じて・・・とか思ってしまった(笑)←

「あいにく、俺は泣いている女の慰め方など知らぬ。涙を流したとてしてやれることなど何ひとつない」

これも左之さんに聞くといいよ!!!!!(爆)←


でも、斉藤さんルートで私が特に好きな所はと言うと、実は・・・

千鶴がどSキャラになる所なんですよ!(笑)←え

最初こそは千鶴も天然キャラで、お互い天然同士だと会話が噛み合わないよね~という感じなんですが、
途中からは絶対、確信犯だよね、これね(笑)

千鶴が寝込んだ時にこっそり斉藤さんが来て、眠るまで手を握っていてくれるエピソードがあったのですが、
その時は意識も朦朧としていて、朝起きるとすでにそこに斉藤さんはいなく、
ハッキリとした記憶がなかったにも関わらず、
逆に斉藤さんが具合が悪くて寝込んでいる時に、その時斉藤さんが言ってくれたように
「眠るまで手を繋いでいようか?」
とか言ったりして、当然萌えっ子斉藤さんは(おい)
「・・何故、そんなことを覚えている?」
なんて狼狽して赤面したりするんですが、これは絶対に千鶴は楽しんでるよねー!(笑)

と、そんな千鶴のSっぷりが垣間見えて非常に楽しいです(爆)←
・・・ていうか、私ってやっぱり実はSだったのかな・・・・むむむ。(どうでもいいが)


とにもかくにも、この斉藤さんルートは・・・
「追想録」で「ファンディスク」としての破壊力を一番感じました(笑)



その②は感想が纏まりしだいあげる予定です~♪

|

« チェリベロール第2弾♪ | トップページ | 「薄桜鬼-随想録」その②♪ »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェリベロール第2弾♪ | トップページ | 「薄桜鬼-随想録」その②♪ »